信用情報機関はどんな仕組み?どんな意義があるの?

・これまでの利用状況等の情報が管理されている

 

お金を借りるときの審査は、年収や職業、勤続年数といった項目からこれまでの金融機関の利用状況や返済履行状況といったことまで様々な情報を総合的に判断して行われます。

 

年収や職業、勤続年数などの項目は申込書を書くときに記入するのでそこで判断されるとわかるのですが、借り入れ状況はどうやって金融機関は調べるのでしょうか?

 

個人情報の保護が過剰なまでに叫ばれているこの世の中で、デリケートな金融情報を調べられるというのは非常に気になることです。もちろん金融機関は不正に情報を取得しているわけではありません。きちんとした機関に照会をして情報を得ているのです。もちろん勝手に紹介することはできません。照会するにもその人の同意が必要となります。申し込みの時に使用情報機関に照会することに同意しているのです。

 

・信用情報機関とは?

 

その機関は信用機関と呼ばれています。信用機関にはあなたの借り入れ状況などがリアルタイムで記録管理されています。住宅ローンや車のローン、クレジットカードや消費者金融での借り入れまですべての金融関連の情報が管理されています。厳密にいえば、その信用機関に加盟している金融機関の情報です。ほとんどすべての金融機関が加盟していますので、ほぼすべての情報が管理されています。

 

この信用機関の情報は、金融機関だけが利用するものではありません。あなた自身が照会することもできます。開示請求すれば閲覧できますので、審査に落ちたりして納得がいかないときなどは開示請求してどのように登録されているのか見てみるのもいいかもしれませんね。

 

・ブラック情報ありは審査は厳しい!

 

この情報に他の借り入れがあるからと言ってダメというわけではありません。きちんと返済を行って完済したり、まだ完済していなくてもきちんと返済日を守って返済していれば問題はないでしょう。返済に遅延があればその情報も残りますし、審査上不利になるのは間違いありません。

 

支払いの遅延や自己破産などは事故と呼ばれ、いわゆるブラック情報として登録されます。金融機関ともめたりしても登録されます。そうなると当然審査は通りません。通らないとわかっていれば申込み自体しないほうがいいでしょう。申し込みをして否決になったという履歴が残ることになるからです。

 

・信用機関を逆に利用する

 

決して信用機関を怖がる必要はありません。きちんと返済日を守って返済していけば何の問題もありません。普通に返済日を守って返済していけばいいのです。きちんと返済していくことで信用を得ることができますので、逆に信用機関の制度を利用して信用を勝ち取るくらいの気持ちでいてもいいかもしれません。

あなたにおすすめのカードローンはこちら!


このページの先頭へ戻る