仮審査と本審査の仕組みについて

・カードローンの魅力はスピーディーな融資システム!
困った時に頼りになるサービス「カードローン」。
近年カードローンは、そのスピーディーな融資システムや無担保で融資を受けることができるという手軽さがウケ、着実に利用者を増やしています。

 

カードローン人気を支えている一番のポイントは、やはり何といってもスピーディーな審査と融資にあるでしょう。
ここでは、そんなカードローンの審査について、みていきたいと思います。

 

・カードローンの審査は2段階! 仮審査と本審査とは?
カードローンの審査には、基本的に「仮審査」と「本審査」の2つがあります。
仮審査とは、申込後、はじめに受ける機械による自動審査のこと。
この段階で、“融資対象となるか否か”が簡易的に選別されます。

 

仮審査に通れば、次に、人の手によって行われる本審査に進むことができ(ここで収入状況や過去の借入状況が細かく、仮審査の時よりも厳しくチェックされ)、この本審査に通って、ようやく晴れて融資を受けられるようになるのです。

 

仮審査に通ることができれば、融資を受けることができる可能性は高いとみていいでしょう。
ただし、仮審査はあくまで仮。融資を保証してくれるものではないのです。
仮審査を通過しても本審査で落ちてしまうということは珍しくないため、本審査が終了し、融資を受けることができるという確証が得られるまで、気は抜けません。

 

・仮審査を通過することができなければ問題アリ!?
仮審査は、簡易的な仮の審査といえます。
ですが、ここを通過できなければ、本審査に進むことは出来ず借入もできないわけですから、非常に重要です。

 

万一、“この仮審査の段階さえ通過することができない”となれば、あなたの状況に何らかの“問題”があるのかもしれません。
一旦、自分の状況を見直してみる必要があるでしょう。
仮審査は、自分の状況を客観的に確認するためにも、重要な意味を持っているのです。

 

もしも(過去に返済遅延を繰り返しブラックリストに載っていたり破産宣告していたりするような場合には、仮審査ではじかれてしまっても無理はありませんが)見直しても、問題点が見当たらないのであれば、オペレーターや金融機関側に理由を問い合わせてみることをオススメします。

 

・審査に通れば、いざ融資へ!
仮審査に通れば、本審査に進むことができます。
審査がスムーズに進み、営業スケジュールなどの条件も揃っていれば、申込をしたその日のうちに審査を終了し、契約・融資に至ることも可能です。

あなたにおすすめのカードローンはこちら!


このページの先頭へ戻る