家庭を持っているとカードローンが利用しやすい?

■結婚するとお金がかかる

 

最近では独身の人が増えているようですが、やはり家庭を持つことの大変さに耐えられないということなのでしょうか。
特にずっと景気が悪く収入も減り続けているでしょうから、自分だけではなく配偶者や子どもに対しても責任を持つというのは難しいのかもしれません。

 

特に子どもは育てるのにお金が必要になります。1人あたり2,000万円とも3,000万円ともいわれていますから、並大抵の覚悟では子育てはできないでしょう。
そういった生活を支えるためにも、時にはお金を借りて乗り切らなければいけないというときもあると思います。
特にカードローンは1枚もっておけば、必要な時にすぐにお金を借りることができて便利なのであらかじめ準備しておいてもいいと思います。

 

ところで結婚して家庭を持っている人というのは、カードローン会社から見るとどのような扱いになるのでしょうか。
実は独身の偏りも、結婚している方の方がカードローン会社は信用しているというのが一般的のようです。

 

■結婚していることのメリット

 

結婚すると自分以外にも守らなければいけない人が増えてしまうため、それだけ不安定になるのではと思いがちです。
しかし家族というのはカードローン会社から見てもそれほどデメリットだけではなく、メリットもあるようなのです。
例えば共働きすれば収入は増えますし、専業主婦であっても夫を支えていれば、夫は仕事に集中することができます。

 

収入的なメリットだけではなく、家族を持つということは世間的にも信用されているということです。
世間の信用なんて関係なく、借金を踏み倒してしまうという人もいなくはないですが、それは相当のリスクを伴うので普通は避けようとします。
今の家庭を守るために一致団結して可能な限り返済をしようとすることが多いようですので、独身の方よりも信用されているのです。

 

■必ずしもメリットにはならない

 

ただし、結婚しているからといって無条件に有利になるのかというとそんなことはありません。
どんなに家族で支え合おうが返せないものは返せないので、あくまで収入に見合った借金である必要があります。
現時点ですでに多額の借金をしているという場合もあると思いますが、そういった人に貸すのはやはりカードローン会社としても大きなリスクになってしまいます。
子育てのための借金にしろ、住宅ローンにしろ、車のローンでも、借金には違いがありません。収入から見て借金がどれぐらいのバランスなのかもよく考えてみてください。

 

■お金の管理はしっかりと

 

どんな借金でもそうですが、やはり大切なことは計画的に利用することです。
特に家族での借金の場合、独身の時とは違って、自分だけの問題ではなくなっています。
返済ができなくなってしまえば、家族全員に迷惑をかけてしまいますので、借入は慎重に行うようにしましょう。

あなたにおすすめのカードローンはこちら!


このページの先頭へ戻る