借入審査は嘘をつかず、正直な内容で申し込むことが大事

・借入審査では誠実さも見られる

 

カードローンの審査を申し込む際には、必ず申込用紙に自分の状況について詳細を記入する必要があります。要は借入をしても返済ができるかどうか、信頼できるかどうかについて審査されるのですから、どんなことを書かなくてはいけないのかということも予め知っておくべきでしょう。

 

また、審査そのものは仮審査と本審査に分かれており、仮審査時は機械で処理されるのですが、本審査時は本人確認であったり、信用情報機関に照会するといったことで人による審査が行われます。ですから、人が見ていない審査などというものは有り得ません。

 

どんなにコンピューターの性能が良くても、申込者の人柄や誠実さといった要素は判断できませんし、かといってそれもまた審査においては重要なチェックポイントですから、人による審査が必要になるのです。そしてあまり信頼できないとなると融資を受けられても少額になったり、審査を通過できないこともあるでしょう。

 

・絶対に嘘はつかないこと

 

借入審査の際は、本人確認の電話が職場にかかって来るのを避けるために嘘を記入したりするのは言語道断ですが、それ以外にも申込用紙に記入する自分についての情報は、全て虚偽の無いように、本当のことだけを記入しなくてはなりません。

 

もしも虚偽が発覚すれば仮審査は通過できても本審査でお断りされてしまうでしょうし、一度でも嘘をつけば再度申し込みをしても不利になるということもあるでしょう。どうしても融資を受けたいからといって、そのために自分を取り繕ったり、有利に見せかけるような嘘をつけば、むしろ自分の首を絞める結果になるということをよく知っておくべきです。

 

・嘘は必ずバレるようになっている

 

たとえば、融資が減枠されたり、断られてしまうことを恐れ、今現在借入枠無し、などと記入したとしましょう。しかし、借入があるかないかは信用情報機関に記録されていますし、借入に関する様々な情報も保管されています。そして審査時には必ず信用情報機関に照会されてしまいますから、書類を改ざんしても無意味ですし、さらには不誠実とみなされ、審査に不利に働くことも大いに考えられます。

 

年収についても一定額以上の融資を望む場合は収入証明書を提出しなくてはなりませんので、申込書に年収を高めに記入すれば多めの融資が受けられることなどは絶対にありません。ですから、正確に記入するようにしましょう。

 

・嘘さえ書かなければ問題ない

 

このように、嘘の記載をすることは審査を不利にすることはあっても有利にはならないのですが、逆に考えれば、嘘さえつかなければ誠実さが疑われるようなことはないのです。とにかく作為的なことをせず、普通に審査に申し込み、相応の結果が下されることを待つのみです。

 

くれぐれも借入審査は誠実な態度で、嘘のない、ありのままの状況を淡々と伝えるようにしましょう。

あなたにおすすめのカードローンはこちら!


このページの先頭へ戻る