あきらめるのは早い?主婦でも申し込めるカードローンは存在する

・主婦でも作れるカードローンとは?
カードローンの申し込みは、銀行から融資を受けるというようなハードルが高いものではなく、最近では外国人の方でも申し込みすることができるようになってきた程、身近な存在になりつつあります。
外国人の方でも申し込み可能なわけですから、日本人の私たちが申し込むことはそれよりも簡単にできると言ってもよいでしょう。
以前のように女性がカードローンを作るということがあまり主流ではなかった時代もありますが、現在ではレディースローンと呼ばれている女性専用のカードローンもあることから、男女平等に借入できる機会が与えられていると考えられますね。
女性でも、主婦の方が借り入れできるカードローンも増えています。
借入枠を作っておきたいけれど主婦という立場上、難しいのではないか?とあきらめている方でも、カードローンの借入枠を作れる場合があります。
まずは情報を集めてみてはいかがでしょうか。

 

・カードローンの申し込み、主婦の方が作る場合の条件とは
主婦には特定の収入が約束されていないという立場上、カードローンの申し込みができないのでは?と思われるかもしれません。
しかし、実際は配偶者=夫の収入がカードローン申し込みの際の審査対象として見られることになるのです。
まずは夫の収入、家計管理をしっかりと把握し、申し込みの際には正確な情報を記入するようにしましょう。
もちろん夫側の同意が求められるため、主婦でも申し込みができるというよりも、夫のカードローン申し込みを代理で行うといった意味あいに近いと言えますね。
カードローンの申し込みには、必ず夫側の了承も得た上で申し込むようにしておくことが大切です。

 

・主婦=専業主婦、パートタイマーといった違いに注意
カードローン会社がよく使う広告のフレーズに、「主婦の方でも申し込み可能!」とありますが、これは専業主婦の方を指しており、結婚後も仕事をしている収入のある女性の場合は異なる申し込み方法になります。
主婦の方でフルタイムではなくてもパートタイムで働いている方の場合は、カードローンの申し込み時、パートタイマーというようにあくまでも専業主婦ではないという明記をする必要があります。
主婦といっても収入のある、ない、によって定義が異なってくる点には注意しておきましょう。

 

・主婦が申し込みしたカードローンでも夫婦で管理することが重要
主婦がカードローンを申し込むと、名義人は申し込みを行った主婦の女性となります。
但し、返済能力に関しては夫側の収入が直結することとなるので、自分自身のためだけに使用することはできません。
主婦がカードローンの勝手な借入を行い、不幸な結果を招いた事例はいくつもありますので、管理に関しては夫婦共にお互いで行うようにしておいた方がよいですね。
夫婦で利用しお互いが返済をしっかり管理していけるのであれば、何かのための借入枠としてカードローンを作ることは非常に有意義なことになるはずです。

あなたにおすすめのカードローンはこちら!


このページの先頭へ戻る